2007年09月30日

親方が見殺しとは

時津風部屋の問題がだんだん明確になってきた
ようです。


死亡した時太山=ときたいざん=本名斉藤さんに
暴行したのは間違いないようです。


部屋から逃亡したので、その日の夕食後に正座させ
時津風親方が飲み終わったビール瓶で斉藤さんの体を
数発殴った。


その後、兄弟子らに「おまえらもやってやれ」と指示し
3人が30分以上素手や金属バットで暴行を加えた。


とても恐ろしい状況です。
本当にそこは相撲部屋なのかと疑ってしまいます。


そして翌日の朝稽古のあとに斉藤さんがぐったりした
様子を見て

「後はオレ1人でみるから、おまえらは風呂に入れ」

と兄弟子らを遠ざけ約20分間2人きりだったが、
介抱するなど救護措置は行わなかった。


その後も救急車は呼ばずに0時50分頃にようやく
119番に通報した。


そして斉藤さんは午後2時10分、搬送先の病院で死亡。


斉藤さん死亡の後も本当の事は言うなと弟子達に口止めを
していたことも分かってきた。


正直、逮捕は時間の問題だと思います。
こいいう人が逮捕されないのは許せません。


しかし、親代わりの親方がその弟子を暴行、見殺しした上口止め
するなんて考えられませんね。


相撲協会の対応にも間違いなく注目が集まりますね。


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070930-00000035-spn-spo
タグ:時津風部屋
posted by ネコパパ55 at 22:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/58108758

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。